こまるblog

☆ブログサイト制作を楽しむ&SEO対策を楽しむ☆
★お役立ち情報ブログを書くよ★

MOS資格はほんとに役に立たないというのは本当なのか

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)という資格は役に立つのかという賛否両論

 

まいどどうもです。

ただいまJavaScript勉強中で、タイピング練習ゲームを試行錯誤しながら制作してのこまるblog運営者でございます。

タイピング練習ゲームについては勉強や仕事など実践で役立たせることを目的として制作しています。後日、実践で役立つタイピング練習ゲーム応用編や、タイピングの早打ちランキングゲームも制作していきます。
もちろん無料で利用可能です!お楽しみに!!
という宣伝を挟んでおくとしよう(。-`ω-)
>>こまるblog運営者が制作したタイピング練習サイトはコチラ

さて本題に入ります。

今回は『MOS役に立たないじゃん!!』という人や『めっちゃ役に立った』という賛否両論がSNSで分かれているため、この話をブログにして掘り下げようと考えました。

 

MOSと呼ばれるマイクロオフィススペシャリストという資格について、以下のように様々な意見が分かれています。

  • 『MOSなんて全然仕事で使わないじゃん』
  • 『試験代が高いしそこまで価値がない』
  • 『この資格をどこで使うのかわからない』
  • 『仕事でたまに使う』
  • 『仕事でよく使っている』
  • 『がっこでの資料作成のためにPowerPointを使った』
  • 『Wordを使ってきれいに文章が書けた』
  • 『Wordで「章」「条」「項」「号」を機能を使って分けて作れた』
  • 『Excelで関数やその他の機能をガンガン使って家計簿を作成した』(⇐ こまるblog運営者)
  • 『Excelでデータ分析している』(⇐ こまるblog運営者二回目)
  • 『Wordでやりたいことやblog案を列挙している』(⇐ こまるblog運営者三回目)
  • 『まさか仕事でAccessを使う日が来るとは・・・』
  • 『MOS資格を複数持ってて就活・転職で役に立った』

さて、いきなり結論は出たようなものですが、順番に説明・考察を交えてお話していきます。

 

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)について

  1. MOS資格(マイクロソフトオフィススペシャリスト)とは
  2. MOS資格の種類
  3. MOS資格自体の用途
  4. MOS資格は実際の仕事(業務)に役に立つのか
  5. MOS資格を勉強や資格で役立たせる考え方
  6. MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の勉強方法

 

MOS資格(マイクロソフトオフィススペシャリスト)とは

MOSは、Microsoft Office製品の操作スキルを証明できる国際資格です。
試験科目は、Word、Excel、PowerPoint、Access、Outlookの各アプリケーションについて、Officeバージョンごとにご用意しております。また、WordとExcelはスペシャリストレベル(一般レベル)とエキスパートレベル(上級レベル)の2種類の科目を用意しており、証明したいスキルによってレベルを選択できます。
試験は、本物のアプリケーションソフトをマウスやキーボードで操作して解答します。MOSを取得していただくと、Office製品を使いこなすスキルが身につき、その実践力を客観的に証明できます。
マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスター(以下:マイクロソフト オフィス マスター)は、Microsoft Officeの同一バージョン(Office 2016、Office 2013、Office 2010)のなかで、規定の4つの試験科目に合格したすべての方に贈られる称号です。
対象となる全科目の取得後は、複数のOfficeアプリケーションの総合的なスキルを証明する、マイクロソフト オフィス マスターの認定証が発行されます。
引用元 ⇒ オデッセイコミュニケーションズ

MOS資格はMicrosoft Office製品の『操作スキルを証明』できる国際資格です。

 

ここでお気づきの方もいらっしゃると思います。

 

操作知識や操作技術を知っているかを一定レベル以上であることを認める資格ということです。

操作スキルの証明であって、実践で使用できる証明ではないということです。

MOS資格の種類

MOS資格の種類は以下の通りです。

  • Word(スペシャリスト(一般レベル),エキスパート(上級レベル))
  • Excel(スペシャリスト,エキスパート)
  • PowerPoint(スペシャリスト)
  • Access(スペシャリスト)
  • Outlook(スペシャリスト)

 

WordとExcelは一般(スペシャリスト)と上級(エキスパート)がありますが、ほかは一般(スペシャリスト)のみになります。

 

一般のみといっても、Accessは大変ですし、エキスパートはレベルが違う(らしい)です。

 

すべてMOSの試験勉強経験者である知人は、上記7種類(一般5つ、上級2つ)の中で、Excelエキスパートが一番大変と感じたそうです。

 

エキスパートに関しては相当努力が必要なんですね。。。

そして、2010はもうすぐ終了しますし、今から2013を勉強しても仕方ないので、2016がメインになってくるかと思います。

 

試験はほぼ毎日朝から夕方まで行っています。
試験費用は10,584円/科目です。

MOS資格自体の用途

資格自体の用途は、進学・就活・転職するときに役立ちます。

 

進学であれば、一般的に部活(サークル)やバイト経験などをアピールする場合が多いのではないかと思います。MOS資格で他の人に差をつけることも可能です。

 

htmlやcssなどでホームページを制作したり、プログラマーを新卒から頑張りたいという人は、MOS資格がないと困ることも出てくるでしょう。

 

新卒就活・転職であれば、履歴書に記載することもできますし、MOS資格を複数持っていることで面接時に努力家であるという印象を面接官が持つこともあります。

面接時に『きみ、パソコン得意そうだからパソコンをよく使う部署の事務にお願いしたい』というケースも実際にあります。

 

ぼくの場合は、『履歴書をパソコンで作ること』を怒られたことがありますが、現代において手書きしか、面接で受け付けないほうがナンセンスですね。

 

MOS資格は実際の仕事(業務)に役に立つのか

では業務には役に立つのか。

MOS資格を取得しているということは、操作方法を覚えていますので、業務としてExcelを使用しているならExcelスキルが役に立ちますし、文字をやたら入力する会社であればWordが役に立ちます。企画などを行う仕事であれば、PowerPointでプレゼンすることもあるでしょう。

大企業で仕事をする場合はAccessを使うこともあります。Access2016を保有しているパートナーは、転職して大企業に就職し、『Accessを使っている会社を始めてみた』と感動してました。

 

業務にも充分活かせるということです。

 

MOS資格を勉強や資格で役立たせる考え方

大事なのはここですね。

役に立たせようとしないなら何をしても役に立たせることはできません。

ですので、ページトップあたりでお話しした⇓

『MOSなんて全然仕事で使わないじゃん』『試験代が高いしそこまで価値がない』『この資格をどこで使うのかわからない』

⇑というたちは人達は、活かす方法を考えず、使えないことを他者や社会に責任転嫁しているケースが多いです。

今通っているパソコン教室でたまに見かけますが、講師とのやり取りを聞いていた時の話

 

受講生『やる気なくてめんどくさいのでどーやったら簡単に資格とれますか?』

こまるblog運営者の心の声(なにゆーとんねん!!)

講師『この資格が一番取りやすくて、勉強方法も簡単なやり方で教えています。頑張りましょう』

こまるblog運営者の心の声(ナイス冷静な返し!!)

受講生『そうですか。。。』そのやり取りの20分後位に帰っていきました。

 

このように責任転嫁する人や楽をしようとしている人たちはなにをしてもうまくいきません。

人生は自己責任です。
資格はMOSに限らず、取得後どのように活かすか考えるかが大事になります。
では、活かし方をしっかり考えたうえで、MOSの勉強はどのようにすればいいのかというところをお話しします。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)の勉強方法

勉強方法は大まかに分けて2つです。

パソコン教室で勉強する

パソコン教室で勉強すると、MOSテキスト(日経BP社かFOMを使用することが多い)を見ながら勉強してて、わからない部分をすぐ聞くことができるのでありがたいです。

しかしやはりお金がかかるのがネックです。

 

MOSを取り扱っていないパソコン教室もありますし、何より注意しないといけないのは、『MOSの資格をとれます』というキャッチフレーズで、MOSまで勉強が進んだと思ったら、自宅で勉強してください。となったり。。。

(⇑実話で、Wordで7万円はらって、日経BP社のテキストを動画で見ながら操作していくだけで、MOS試験については全く教えてもらえなかったです)パソコン教室を選ぶ際には、どのような料金体系で、どのように試験勉強を教えてもらえるのか明確にしておきましょう。
ちなみに、今通っているパソコン教室は、MOS資格をとれるコースは、6か月の契約期間で料金は11万円、時間の許す限り、MOSの種類(上記MOSの種類項目参照)すべて+マクロまで教えてくれます。

独学で勉強する

独学で勉強する場合、よく使われる教材は日経BP出版とFOM出版のMOS対策問題集を使用するのがベストです。各々約3,000円です。

日経BP出版とFOM出版の対策テキストで正答率80%を超えれば合格できます。

試験問題は普段使わなそうな内容の操作方法が問題としてできます。独学の場合は基本操作ができるのが前提となります。

 

まとめ

進学や就職で資格自体も役に立つし、資格を学校や仕事上の業務に活かすことも可能という結論です。

さらには僕みたいに家計簿を作ったりして、入出金管理をするなど、日常生活でも役に立ちます。

 

>>【レミニセンス効果】記憶法をマスターして勉強に活かそうはコチラ

 

>>エビングハウスの忘却曲線の誤解と真実、復習方法はコチラ